釣り

ハゼの堅干しの作り方

ハゼ釣りファンでも、作る人、いや知っている人すら少ないのがハゼの堅干し。

煮干しはカタクチイワシで作りますが、ハゼでの煮干しのようなものを作っちゃうのがハゼの堅干しです。

ハゼは旨味が強い魚ですが、堅干しにすることで、旨味が凝縮され、美味しいです。

小さいサイズでも大きいサイズでも、どちらでも美味しいです。

早速作り方を書いていきます。

材料

ハゼ、約8%の塩水(水1リットルに対して塩80g  ) 日本酒 50cc

作り方

ハゼはウロコを取り、腹を割って内臓を処理して綺麗に洗います。

8%の食塩水に40分ほど漬けた後、干物用のネットで1週間干します。

干し終わったら完成です。

冷凍すれば半年は持ちます。

食べ方

焦げ目が付くくらい、炙って食べます。

特に日本酒に合う気がします。

骨酒も作ることができます。

  • この記事を書いた人

カワサキヒロシ

「ながさき整骨院」代表  川崎浩司 雑記ブログです。よろしくお願いします。 よろしくお願いします。

-釣り

© 2022 川崎です。